税理士会研修@前橋市民文化会館

今日は前橋にて法人税と消費税の研修でした。
maebashishinbun.jpg
(会場の前橋市民文化会館)
講師は関東信越国税局の方でしたが、
消費税の研修の際、
「今は、消費税の還付申告には特によく精査をしている」
という旨のことをいっていました。
消費税の申告は、原則的には
お客さんから預かった消費税(売上げの消費税)から、
支払った消費税(仕入れや経費にかかる消費税)を差し引いた
差額を納税することになります。
もし、支払った消費税のほうが多い場合は還付になります。
通常は、設備投資があったときや輸出売上げが多い場合に還付となります。
昨今では、架空の国内仕入れと架空の輸出売上げをたてた
消費税還付詐欺が多いということです。
輸出する物品は、最終消費地が日本ではないため、
国内で支払った仕入れにかかる日本国の消費税は、
還付を受けることがでるのです。
この仕組みを使って、還付金を受け取ろうという詐欺が多いという話です。
虚偽の消費税の申告書数枚を税務署に提出するだけで
百万単位の税金還付を受けることもできます。
もし税務調査さえ入らなければですが。
国家を相手に詐欺を働くのですから
相当悪質ですよね。
よく言えば度胸があるというか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

フリーズする脳